フランチャイズ・のれん分けの違いを徹底比較

『のれん分けシステム』をご存知ですか?
よくフランチャイズとのれん分け何が違うの?と比較されます。

今回はその違いや共通点を紹介していきます!

フランチャイズとのれん分けの共通点

リスクと費用が抑えられる

店舗を運営するための商品、ノウハウ、システム、マニュアルなどが揃っています。
なので開業のリスクと初期費用が低く抑えられます。
開業成功率も個人で一からやるよりフランチャイズやのれん分けを使用した方が高いです。
多少のお金はかかりますが、企業のパッケージを使用するのをオススメします。

経営のアドバイスを受けられる

企業の出しているパッケージを使うので、運営などで困ったときに企業に連絡すればアドバイスを受けられます。
様々な店舗を経営してきた企業の意見を得られるのはかなり大きなメリットになります。
なぜ利益がでないのか、集客率が悪いのかなど悩んだ際に相談に乗ってくれます。

フランチャイズとのれん分けの相違点

加盟金・ロイヤリティなど企業に支払うお金

開業者に提供するサービス(パッケージ使用許諾、マニュアル提供など)に対しての対価となります。
フランチャイズよりものれん分けの方が、加盟金、ロイヤリティ共に減額、低率になることが多いです。
有名店の名前を使える使用料だと思ってください。

経営の自由度

フランチャイズの場合、新しい商品の開発や戦略に関わることはできません。
のれん分けの場合は、店舗名や新メニューの開発などをオーナーが決められるので自由度は高いです。
自分の考えた店舗が有名店になったら、と考えるならのれん分けをオススメします。
経営のやりがいは間違えなくのれん分けの方が上です。
利益の爆発力ものれん分けの方があります。

フランチャイズは規則が本社により厳しく設定されています。
ただ、フランチャイズの場合、有名な店舗名を使用できるので集客率は安定しています。
さらにフランチャイズ本社の仕入れ先を使用できるので比較的簡単に開業が可能です。
安定を求めるならフランチャイズをオススメします。

内容をまとめると
・のれん分けの方が経営の自由度が高く、加盟金やロイヤリティなどの費用が抑えられる。
・フランチャイズは有名店の名前や仕入れ業者を使えるが使用料が高く、また規則が厳しく自由度は低い。

いかがでしたでしょうか!
自分がオーナーとして決めた名前の店舗で自分でメニューも好きに作れる。
経営している感じを味わえるのはのれん分けの良いところですね!
有名店の名前を使える=集客に簡単に繋がりやすいのはフランチャイズの良い点ですね!
開業で悩んだ際はぜひ参考にしてみてください!

シェアする

フォローする

電話で開業のご相談はこちら