飲食店開業を成功させるための方法・準備とは

飲食店を開業したいと思った時、本やインターネットで情報を探すかもしれません。
そこで今回は、世間的にはあまり知られていない重要な事をお伝えいたします。

飲食店開業をするためにおすすめな方法は修行

古臭いように聞こえますが重要なのは「修行」です。それもやりたい業種でです。
「え、今の時代流行らない!」と思うかもしれませんが、修行というのは料理の技術を磨くだけではないのです。
飲食店を開業する上でもっと重要な事が学べます。そのポイントは以下の5つです。

飲食店開業時のオペレーションができるようになる

飲食店経営をしていく中で、かなり重要なのが現場のオペレーションに慣れるという事です。
外から見ている飲食店と実態の飲食店は全く違います。
ピークタイムの時間は戦場となり、多数のお客様を短時間で調理や接客しなければなりません。
その時間帯を自分で仕切れないとお店は回せませんし、もっと大きい店舗で自分がメインで調理・接客をしなくても、いざという時に出来ないとスタッフが付いてきてくれません。

また、オープン初日等は御祝儀相場といわれ、沢山のお客さんが来店します。
その時オペレーションが回らないと、次回は来て貰えません。
飲食店は、体力勝負である程度体が慣れていないと難しい部分もあります。

飲食店開業の際の融資に有利


飲食店を開業しようとした場合、自己資金や銀行などからお金を借りてスタートすると思います。
修行をして労働の対価としてお金を頂ければ、貯金をする事ができます。
効果はそれだけではありません。修業先からお金を銀行振込してもらったという事実が融資に効果的なのです。
お金を貸す側からすると、「この人はちゃんと返してくれるのか」という点で評価します。

銀行からお金を借りた場合、短くても5年の付き合いになります。
銀行からすれば、コツコツ真面目に働いた事がある人は評価が高くなります。
つまり、毎月一定額をきちんとお金を頂いているという実績が、まだ飲食店経営者として実績のないあなたの担保になるのです。

飲食店開業後の客層がわかる

まったく外部の人が飲食店を始めようとすると、何が売れているのか、どのような人が買うのかというのがイメージできていません。
ですので、飲食店未経験者が立案する計画書だと、自分のお客様は誰なのかというのがすごく不透明なのです。
経験していたとしても計画は外しやすいので、未経験者の計画が当たる確率は低くなりがちです。

飲食店開業後に重要な食材会社などにコネクションもできる


自分でお店を開業しようとする時に、実は困るのが食材提供業者の発掘です。
専門的な業者ほどインターネットで公開していません。したがって、人づてで探す事になるのですが、それではオープンには間に合わない可能性があります。

また業者さんと仲良くなると、ツケで支払いができるようになる事もあります。
これもキャッシュフローを考える上で重要なポイントです。
その上、同業者でどこのお店が伸びているかなどをこっそり教えてくれるという、貴重な情報源になります。

飲食店開業時に必要な備品などをもらえる可能性がある

修行先に対して、一生懸命仕事をすると色々貰えたりします。
もう使わなくなった備品を含め、うまくすると「のれん」や、お店を丸ごと貰えたりする事もあります。

飲食店開業する前に自分の適性が分かる

いかがでしたでしょうか?飲食店を一度開業してしまうと、簡単にやめる事はできません。
実際始める前に、自分が目指す方向のお店に修行させてもらう事で、開業後に「こんなハズではなかった」という過ちを未然に防ぐ事ができます。
もし、修行ができる環境がある方であれば試してみる事をおすすめします。

シェアする

フォローする

電話で開業のご相談はこちら