ラーメン屋開業・公庫融資が落ちてしまったら!?

ラーメン開業を
行うにあたって日本政策金融公庫で融資を受けて
落ちてしまった方も少なくはないでしょう、、、

もし今あなたが
ラーメン開業をしようと思い、
資金が足りないので『日本政策金融公庫』で
融資を受けようと検討中であれば、
一旦日本政策金融公庫にご連絡をする前に、
今の自分自身が融資を受けて通るかしっかり考えてみましょう!

何故そうしないとけないのか

それは一度日本政策金融公庫で融資審査を行い、
仮に落ちてしまった場合は、
約1年間は融資を受ける事、通る事は厳しいと言われているからです…
(※こちらの年数はあくまでも噂です、、、しっかりとした年数は出回っていません)

しかし、
一度融資審査を落ちてしまうと、
最審査はかなり厳しいです!

たとえ支店を違う場所、県を変えたとしても、
あなたがなぜ落ちたのかを共有されておりますので、
東京のA支店で落ちたから翌月埼玉県のB支店で受けても
ほぼ落ちてしまいます、、、

融資は信用問題

しかし落ちた理由によってそれは変わってきます。
例えば自己資金が30万円足りなく1000万の資金が受けれなかった場合は、
30万ほどであれば半年後に融資は通る可能性があります。

それは半年間であれば、
30万円ほどであれば貯めれるであろうと公庫の担当は認識して頂けるからです!

しかしそれは
あくまでの今までの貯金がしっかり出来ているという
プラスαがあるからになりますので、
今まで貯金がしっかり出来ていないようでしたら、
例え30万を貯めれたとしても、
信用が乏しく、あなたが貯めたと認識をしてもらえない可能性があるからです!

ですので、
今すぐラーメン開業を考えている方、
一度落ちてしまった方で、
日本政策金融公庫で融資を受けようとお考え中であれば、
しっかりと自分が融資を受けて大丈夫であるかをしっかりと確認をしましょう^^

もし落ちてしまった場合は、
なぜ落ちてしまったのかを再度確認を行い、
それに向けて対策を考えてみましょう!

シェアする

フォローする

電話で開業のご相談はこちら