ラーメン開業・融資の通りやすい方とそうでない方

あなたは
ラーメン開業をするにあたり、
自己資金は足りていますでしょうか??

300万?
500万?
1000万?

正直どれも上記の金額では
ラーメン開業は出来ないという訳ではありませんが、
自己資金は多くあったことに越したことはありません。

もしラーメン開業をするにあたり
自己資金を1500万~2000万を用意してくださいと
言われましたらどうしますか??

【親に借りる?】
【友人に借りる?】

もしあなたが自己資金300万ある状態で、
親御様、ご友人の方は快く1000万以上のご資金を
貸してくれますか?

またあなたは親御様、ご友人に
『ラーメン開業をするから1000万を貸してくれ』と
言えますでしょうか?

正直なところ言いずらいと思います…
ではどうすればいいのか?

それはタイトルにある、
融資=銀行からお金を借りる事が一番ベストです!

それも民間銀行ではなく、
『政府の銀行である日本政策金融公庫』で借りることを
お勧めします!

理由は単純で、
一番融資が借りやすく、
融資がおりるまでの期間が短いからです。

でも他と比べて一番簡単といっても、
1000万以上の金額を借りるということは難しいです。

ではどんな方が融資を通りやすいのか?
という疑問をお答えさせて頂きます。

まず次に、
1000万を借りるには最低でも自己資金が300万以上あること!

これは融資希望額の1/3以上の自己資金が大前提と
決まっているからです。

単純に、
100万→300万以上
200万→600万以上
300万→900万以上
…etc
という流れです。

そして次に、
通帳に貯金してきた記帳がしっかりあることです。

こちらは
あなたが300万という金額をしっかりと
貯金をしてきたかを確認する必要があるからです^^

逆の立場で考えて頂きたいのですが、
あなたもお金を貸すのであれば、
『お金管理にだらしない方』と『お金管理がしっかり出来ている方』であれば
どちらにお金を貸しますか?

当然、
しっかり出来ている方にお貸ししますよね?
なので公庫の担当の方も、
その判断をするために通帳でこの方は大丈夫なのかを
判断するために確認を致します。

そして最後に
飲食、特にラーメン屋での経験があるか方

こちらも説明をするまでにもありませんが、
素人の方とラーメン屋での経験がある方では、
ラーメン屋を開業した際の経営についての信頼度は
全然違いますよね?

公庫の担当の方も
この方は飲食での経験、ラーメン屋での経験が
しっかりある方なので実力もあるし問題はないだろうと
思うからです。

また働いていた年数にも
影響があり1年、2年よりも
3年以上働いていた方が融資は通りやすい傾向もございます!

こちらは同じ場所でという事ではなく、
合計で3年になります^^

以上3点を上げさせて頂きましたが、
あなたじゃいかがでしょうか?

上記の中で一つでも
当てはまらないものがあれば、
正直なところ難しいですが、
方法はないこともありません!!

しかしそれは
また別のタイミングで
お伝えしましょう^^

電話で開業のご相談はこちら