珍々亭・有名店油そばの味変でさらに美味しくなる!?

スポンサーリンク

今回は油そばの発祥のお店とされる「珍々亭」について紹介していきます!
昭和33年から油そばを提供しているらしいです。
最近だと油そばってラーメンと比べてあまり食べないイメージですよね。
ただ珍々亭ではお年寄りからサラリーマン、OL、学生にいたるまでもれなく皆さん油そばを注文しています。
なぜ油そばがこんなに人気があるのか…その人気の秘密を調査してみました!

スポンサーリンク

珍々亭油そばの特徴

・オーソドックスな中華麺の中太タイプ
・タレは醤油だれ
・トッピングはネギ、味玉、ナルト、チャーシュー、生卵、ワンタンなど
・チャーシューは厚めで食感は固めだが、味は豚の味が凝縮されていて肉!という感じ(美味しい)

昔ながらの油そばってイメージです。
麺は中太麺で、食感は少し柔らかい感じですね。
麺の量が結構多く(300gくらい)正直、途中で食べ飽きてしまう感じです。
そこで昔から伝わる珍々亭油そばの味変の仕方!!

・ラー油をかける

ただこれだけです。これだけなのにコクというか旨味というか…とにかく一味違った美味しさになります!
個人的には油そばにラー油はとても良くマッチすると思います。
ただそれだけでは終わりません…

・ここにさらにお酢を追加

これで油そばは最終段階へと進化を遂げます…
すっぱ辛い味がやみつきになります!
卵を頼んだ場合、ラー油とお酢の間で卵を混ぜてマイルドにするのもアリです。
この一杯で様々な味が楽しめるのも魅力ですね!
ラー油、お酢以外にもコショウや七味もあるので是非自分だけのカスタムを見つけてみてください!

油そば(並)はボリューム満点で650円↓

今回紹介した店舗
店名 珍々亭
住所 東京都武蔵野市境5-17-21
時間 11:00~16:00(麺がなくなり次第、閉店)
休日 日曜・祝日(祝日は営業することが多いとのこと)

タイトルとURLをコピーしました