北海道のラーメンは地域によって味が違う!!札幌・旭川・函館

ラーメン

北海道のラーメン、実は地域によって味が違うのはご存知ですか?
詳しくない人は、「北海道って味噌ラーメンでしょ…?」ってなると思います。
違うんです…!それは札幌ラーメンであって、地域によって様々な味が有名なんです!

今回は有名な3種類の北海道のラーメンを紹介します!

札幌ラーメン

定番の味噌味、バター、コーンなどが乗った札幌ラーメン。
スープはラードとニンニクで炒めた野菜を豚骨スープで溶いた味噌ダレと一緒に煮込んだものが多いです。
麺は粘りとコシがある多加水熟成麺の縮れ麺です。
現在札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンですが、実はルーツになっているのはシンプルな醤油スープで、味噌ラーメンが流行ったのは後々なんです!

旭川ラーメン

旭川ラーメンと言えば醤油ラーメンがご当地ラーメンとして最も人気があります。
スープは豚骨、鶏ガラ、野菜とWスープの醤油出汁が多いです。
Wスープが人気になった背景には養豚業が盛んで豚骨を活かせること、それに加えて北海道の豊富な海産物が使えたことが理由です。
麺は中細縮れ麺が多いです。
店舗によってアレンジやバリエーションがかなり異なるのも特徴です!

函館ラーメン

豚骨や鶏ガラスープをベースにした清湯スープに塩ダレをいれた塩ラーメンが人気です。
透き通ったスープは奥深いコクがあります。
麺は多加水中細ストレート麺です。
あっさりしたラーメンが好きな人にはオススメです!

札幌ラーメンと旭川ラーメンにはラードが使用されていて、理由としては気温が低いのでスープが冷めないように、身体が温まるようにという地域ならではの工夫がされています!

いかがでしたでしょうか!
北海道のラーメンは地域によって味噌、醤油、塩と分かれています!
北海道を巡るだけで様々な味が楽しめますね!
旅行など行った際はぜひ試してみてください!

電話で開業のご相談はこちら